新型コロナウイルス感染拡大防止に関してのお知らせ

最近体調に変化のあった患者さんは:
発熱、せき、鼻水、倦怠感など、カゼをひいた時のような症状や、味覚や嗅覚の異常など、普段はないような症状がある方は、そのような症状が消えた後、3日以上たってから、ご来院ください。
新型コロナウイルスに感染された方は、新型コロナを発症した日から10日たってから、かつ、症状がでなくなってから72時間(3~4日)たってから、ご来院ください。
新型コロナウイルスに感染しても無症状だった方は、新型コロナ陽性を判定する検査をした日から10 日たってから、ご来院ください。

予約・検査・診察および来院時間については:
待合室での「密」を避けるため、予約時間を守って、ご来院ください。
予約のない患者さんは、原則として、予約がある患者さんの受付が全て終了した後の11時30分から、検査と診察が始まることをご了承ください。ただし、受付は、11時までにお済ませください。
症状によっては、たくさんの検査が必要で、1日のうちに検査がすべてできないことがあります。そのようなときは、後日、あらためて、追加の検査と診察を受けていただくように予約を手配いたします。1日ですべて検査と診察が終わらない場合があることについては、あしからずご了承ください。
なお、手術や治療のスケジュールにより、医師が診察室にいなくなってしまうような時は、たとえ開院中であっても、近くの、他の医療施設を紹介することもあります。

院内では:
来院される時には、必ず不織布のマスクを着用していただき、院内ではマスクを絶対に外さないようにしてください。
飛沫感染防止のため、原則として院内では会話をせず、どうしても必要な時以外は、声をださないようにしてくださるようお願いいたします。
院内は換気のため窓を大きく開けていますので、待合室では寒いと感じることがあるかも知れません。必ず上着や羽織るものをお持ちください。

いろいろとご不便をおかけしますが、すべての人の感染リスクを少しでも下げるため、どうぞご協力をよろしくお願い申し上げます。

遠谷眼科

詳しい説明は、以下の文書をお読みください

 ご挨拶

遠谷 茂

最新で最適の眼科医療を提供したいと考え、1986年(昭和61年)に遠谷眼科を開院しました。日帰り白内障手術(兵庫県初)、レーシック(関西の眼科専門医初)、多焦点眼内レンズ(遠近両用眼内レンズ)による白内障手術(兵庫県初)など、海外で実績のある世界最新の眼科医療を、国内でもいち早く開始してきました。

今、眼科医療では20年に1度の大きな変化が起こっています。 最近は海外の学会やセミナーの出席が増えたため、診察日が減り患者さんにはご迷惑をかけているのですが、そこで得た世界最新の眼科医療情報は、当院の医療にフィードバックされていますので、なにとぞご理解くださるようお願いします。これからも眼科手術の基礎に常に忠実で、見せかけではない本当に質の高い医療を提供していきたいと思っています。

主な病気や手術について

白内障

白内障は、私達の眼の中でカメラのレンズの
役割をしている水晶体が白く濁ることで見に
くくなる病気です

緑内障

緑内障は、何らかの原因で視神経が障害され、
視野(見える範囲)が狭くなる病気です

糖尿病網膜症、硝子体手術

糖尿病網膜症は、糖尿病から起こる眼の病気です。
症状の重い方は、硝子体手術を行います

レーシック・屈折矯正手術

屈折矯正手術は眼鏡やコンタクトレンズを使わず、
手術的に近視や乱視を矯正する方法です

飛蚊症

飛蚊症は、黒い点のようなものや、虫のようなもの、
ちりめんじゃこのようなものが水面に浮いている
ような感じで見える状態です。

もっと見る


説明会情報

白内障説明会

レーシック・RPK・ICL説明会

緑内障説明会

コンタクトレンズ処方について