院長 遠谷 茂(えんたに しげる)

遠谷 茂

略歴

1978年(昭和53年)京都大学医学部卒業、京都大学医学博士、日本眼科学会認定眼科専門医。 京都大学医学部附属病院、神戸市立中央市民病院(現神戸市立医療センター中央市民病院)、兵庫県立塚口病院等で勤務ののち、1986年(昭和61年)遠谷眼科を開院。 趣味は美術館めぐり、ミュージカル鑑賞、温泉入浴、旅先の石ころ収集など。
最新で最適の眼科医療を提供したいと考え、1986年(昭和61年)に遠谷眼科を開院しました。 以来、1986年(昭和61年)に兵庫県初の日帰り白内障手術、1999年(平成11年)に関西の眼科専門医初のレーシック(LASIK)、2007年(平成19年)に兵庫県初の多焦点眼内レンズ(遠近両用眼内レンズ)による老眼・白内障手術など、欧米で実績のある世界最新の眼科医療を、国内でもいち早く開始してきました。最新の眼科医療を実践するにあたっては、欧米のさまざまな臨床データを慎重に検討する必要があります。バイアスのかかっていない情報を、海外の学会で直接自分の目と耳でたくさん確かめてくることがとても大事です。 今、眼科医療では、私の眼科医人生を振り返ってみても20年に1度あるかないかの大きな変化が起こっています。 これまで決定的な治療方法がなかった老眼が、多焦点眼内レンズ(遠近両用眼内レンズ)により、かなりの確率で克服できるようになってきたのです。 ゴルフ、パソコン、買い物、読書等、一般的なことならメガネにほとんど頼らずに、日常生活で楽しめるようになりました。 「人生の時間をより有意義に過ごすことができてうれしい」と患者さんから言われると、その患者さんの手術にこの新しい医療が間に合って本当によかったと思います。 最近は海外の学会やセミナーの出席が増えたため、診察を1週間程度お休みして患者さんには、たびたびご迷惑をかけているのですが、そこで得てきた世界最新の眼科医療情報は、当院の医療に必ずフィードバックされていますので、なにとぞご理解くださるようお願いします。 これからも眼科手術の基礎に常に忠実で、見せかけではない本当に質の高い医療を提供していきたいと思っています。

副院長 戸田 裕隆(とだ ひろたか)

眼科専門医/眼科光線力学療法 (PDT)認定医

戸田 裕隆

略歴

1988年(昭和63年)鳥取大学医学部卒業、日本眼科学会認定眼科専門医、光線力学療法(PDT)認定医。 京都大学附属病院、木村眼科内科病院(広島県)、市立島田市民病院(静岡県)、北野病院(大阪府)等で勤務。 北野病院眼科副部長を務めたのち、2006年(平成18年)より遠谷眼科常勤医師。 趣味は、映画・やさしい古典芸能・お笑い鑑賞。
医療にも、専門性や多様性が求められる時代だと思います。 先進情報を入手し、治療を通じて患者さんへフィードバックしていかなくてはならないと思います。 最善の治療ができることを目標に日々診療していますので、不安があればどんどんお尋ねください。

外来医長 中島 祐巳子(なかじま ゆみこ)

眼科専門医

中島 祐巳子

略歴

1999年(平成11年)神戸大学医学部卒業、日本眼科学会認定眼科専門医。 神戸市立中央市民病院(現神戸市立医療センター中央市民病院)、兵庫県立尼崎病院等で勤務。 2005年(平成17年)より遠谷眼科非常勤医師。 趣味は旅行。
医学は日々進歩しています。最新の知識と医療を患者さんに提供できるように、私も常に勉強していきたいと思っております。診察では患者さんとのコミュニケーションを大切に、わかりやすい丁寧な説明を心がけています。 疑問に思うことやわからないことがあれば、気軽にお尋ねください

外来医長 山本 衣絵(やまもと きぬえ)

眼科専門医

山本 衣絵

略歴

1992年(平成4年)和歌山県立医科大学卒業、日本眼科学会認定眼科専門医。 有田市立病院(和歌山県)、兵庫県立塚口病院等で勤務。 2011年(平成23年)より遠谷眼科非常勤医師。
医学患者さんに最適な治療・アドバイスができるよう努めています。よろしくお願いします。

外来医長 塚原 陽子(つかはら ようこ)

外来医長 塚原 陽子(つかはら ようこ)

略歴

1979年(昭和54年)関西医科大学卒業、日本眼科学会認定眼科専門医。神戸市立中央市民病院(現神戸市立医療センター中央市民病院)、3年半のアメリカ生活を終えた後、大阪赤十字病院、琉球大学医学部眼科学講座、神戸市立西市民病院(現神戸市立医療センター西市民病院)、新長田眼科病院勤務を経て、2014年(平成26年)より遠谷眼科非常勤医師。
趣味は映画鑑賞、音楽鑑賞。
超高齢化社会を迎えた昨今では、患者さんに生涯目の見える喜びを提供しなければいけないのが、眼科医師としての使命であると考えます。 医学の進歩とともに最新の医療提供が可能になった分野もあれば、道なかばにして断念しなくてはならない分野や局面もあります。 私も今まで以上に先進医療情報を勉強し、患者さんに提供するとともに、これまでの経験を生かすよう日々精進してゆきたいと思っています。よろしくお願い致します。